/

充電中iPhone使用でまた感電 中国

【北京=阿部哲也】中国で米アップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」を使用していた男性が感電し、一時心停止に陥る事件が起きていたことが18日分かった。中国メディアによると、30歳の男性が8日夜、充電中のアイフォーンを使用したところ感電して意識を失ったという。男性は北京市内の病院の集中治療室で治療を受けている。

中国では11日にも、新疆ウイグル自治区で23歳の女性がアイフォーン使用中に感電死する事件があった。入院中の男性はアップル社の公認ではない「非正規」の充電器を使っていたとみられ、これが感電の原因になったとの見方も出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン