/

この記事は会員限定です

消費者の意識改革も必要 「HP知らない」83.4%

[有料会員限定]

リコールの対象製品による事故を減らすうえで欠かせない消費者への情報提供。消費者庁の「リコール情報サイト」は2007年度以降に届け出のあった約1700件のリコール情報を掲載、国民生活センターなどのホームページも欠陥情報を発信している。

だが、消費者委員会の昨年10月の調査では、ホームページについて「どれも知らない」とした回答は83.4%に上った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り175文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン