/

津波の河川遡上の実験を公開 国土技術政策総合研究所

国土技術政策総合研究所は18日、東日本大震災で発生した津波が河川を遡る様子を再現した実験を報道陣らに公開した。甚大な津波被害が出た宮城県石巻市の市立大川小学校などが周辺にある北上川の河口から上流10キロメートルまでの地形を再現。実験を重ね、津波が遡る詳細なメカニズム解明を目指し、堤防の造り方など津波対策に生かす。

実物の330分の1の大きさのモルタル造りの模型で実験した。模型は長さ33メートル、幅30メートル、深さ0.5メートルで、北上川の海岸堤防や中州、河川堤防などもつくった。

実験では波をつくる装置が18立方メートルの水を吸い込み、河口付近で高さ4.5センチメートルの津波を起こした。津波は堤防を乗り越え周辺に広がった。実際に襲来したと推定される高さ15メートルの津波が毎秒8メートルで遡上した様子が再現できたという。

研究チームは今後、中州の有無や堤防の高さの違いなどで遡り方が異なるのかなどを解明する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン