エステ「たかの友梨」に改善指示 都「誇大広告」

2013/3/18付
保存
共有
印刷
その他

東京都は18日、誇大な美容効果をうたった広告を出したとして、エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティ(東京・渋谷)に対し景品表示法に基づく改善指示を出した。

都によると、昨年11月~今年1月に新聞の折り込みチラシなどに載せた「幹細胞美顔トリートメント」の広告で科学的な根拠を示さずに「細胞レベルでの若返り」などとうたっていた。

同社は「誤解を与える表現をしたことを深くおわびする。今後、このようなことがないよう、法令順守を徹底する」とコメントを発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]