/

元朝日新聞記者に有罪判決 覚せい剤使用で東京地裁

自宅で覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた朝日新聞の元記者新谷祐一被告(33)=懲戒解雇=に、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

判決理由で下山誠裁判官は「安易に覚醒剤の効果を求めた動機に酌むべき事情はない。複数回使っており、刑事責任は軽くないが、反省している」と述べた。

判決によると、新谷被告は2月15日ごろ、覚醒剤を使用した。

検察側は冒頭陳述などで、約1年前から覚醒剤を始め、これまで10回ほど使ったと指摘。新谷被告は被告人質問で「軽はずみに使ってしまった。日ごろの嫌なことが忘れられた」と供述した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン