「過酷労働」記事、ユニクロが敗訴 東京地裁判決

2013/10/18付
保存
共有
印刷
その他

従業員に過酷な労働をさせているとの週刊誌の記事などで名誉を傷つけられたとして、「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングなど2社が、文芸春秋に計2億2千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(土田昭彦裁判長)は18日、ユニクロ側の請求を退けた。

問題となったのは、2011年3月発行の書籍「ユニクロ帝国の光と影」と「週刊文春」の10年5月6.13日合併号。ユニクロの店長らが過酷な労働環境にあり、中国の工場では低賃金・長時間の過重労働が行われているなどと記載した。

判決は「取材した店長の話は具体的で、記事の重要部分は真実と認められる」と判断。中国の工場についても「記者の取材内容や経緯から真実と判断する相当な理由がある」とした。

ファーストリテイリング側は「判決内容は事実に反するもので、誠に遺憾。今後の対応は慎重に検討する」とコメント。文芸春秋は「裁判所の正当な判断を高く評価したい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]