932年ぶり天文ショーに酔う 金環日食、各地で観測

2012/5/21付
保存
共有
印刷
その他

太陽の中心部が月に隠れてリング状になる「金環日食」が21日午前7時半ごろ、本州から九州にかけての太平洋側で観測された。日本の金環日食は1987年の沖縄以来25年ぶりで、広範囲で起きたのは932年ぶり。各地で観測会が催され、神秘的な天体ショーに歓声が上がった。

今回の金環日食は中国南部から北米に至る細い帯状の地域で起きた。国内の観測範囲は、福島県から鹿児島県までの28都府県。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]