/

平等院鳳凰堂、よみがえる極彩色 内部を立体再現

京都府宇治市の平等院は、これまでの調査で作成した国宝の鳳凰堂(1053年建立)内部の復元図をもとに、一部をシートに出力した上で立体的に再現し、18日、境内にある博物館で報道陣に公表した。建立当時の建物内部が赤や青、緑などの極彩色でよみがえった。

平等院によると、再現したのは、鳳凰堂のおおむね東半分にあたる部分。

これまでの調査で、柱や長押には、仏教の想像上の花「宝相華」の文様を中心に、鳳凰や天人などが描かれていることが判明。日本画家の馬場良治氏(62)が2004~09年に原画の彩色文様を復元し、文化財の撮影会社「コンテンツ」(岡山市)が、高精度デジタルカメラで撮影した。その後、塩化ビニールシートに出力、実物大に復元した鳳凰堂内部に貼り付けた。

撮影の際に「斜光線光」という技法を用いたことで、色の「むら」も忠実に再現され、文様や色がより立体的に見えるようになったという。

一般公開は19日から平等院ミュージアム鳳翔館で、午前9時~午後5時。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン