/

この記事は会員限定です

徳洲会事件、地域医療へ募る不安 税制優遇の取り消しも

[有料会員限定]

徳洲会グループを巡る公職選挙法違反事件にからみ、系列病院が医療の中核を担っている地域の自治体などから医療サービスの低下を心配する声が出ている。医師が流出したり、税優遇が取り消されたりし、救急医療や離島医療などが従来通りに担えなくなることを懸念。同グループは徳田虎雄元衆院議員(75)が築いた日本最大級の医療機関。事件の余波が広がっている。

「(事件の対応に追われ)医療への責任感が薄れる恐れがある」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン