/

この記事は会員限定です

「教団はまるで会社」 裁判員が見たオウム裁判

恐怖としがらみ 思考停止の末に…

[有料会員限定]

7日に一審判決が出たオウム真理教元幹部、平田信被告(48)の公判は、教団を巡る事件で初めての裁判員裁判だった。特異な教義の下で教団が暴走した事件から約19年。裁判員として審理に臨んだ市民の目に映ったのは、組織の中で思考停止に陥り、上から指示されるまま一線を越えた人間の姿だった。

会社のような組織

「宗教についてはよくわからないが(教団は)会社のようだと思った」。平田被告に懲役9年を言い渡した7日の判決公判後、東京地裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン