/

映画館で無断録音 容疑の会社員書類送検 長野

長野中央署は18日、携帯電話を使って映画館で映画「SP 野望篇」などの音声を無断で録音したとして、映画盗撮防止法と著作権法違反の疑いで長野市の男性会社員(42)を書類送検した。

同署によると、映画盗撮防止法違反を適用した摘発は全国2例目で、録音だけの疑いでの摘発は全国初という。

会社員は「自分で楽しむためにやった」と供述している。館内での動きを不審に思った別の客が、映画館の従業員に知らせ発覚した。

送検容疑は昨年11月4日、長野市内の映画館で、「SP 野望篇」と「劇場版機動戦士ガンダム00」の音声を携帯電話で録音、映画会社2社の著作権を侵害した疑い。

映画盗撮防止法は2007年8月に施行。私的目的でも映画の録画・録音を禁じており、違反した場合は著作権法の罰則である10年以下の懲役、1千万円以下の罰金が科せられる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン