横浜3人巻き添え死初公判 少年「止まりきれないと思い進入」

2010/6/18付
保存
共有
印刷
その他

横浜市都筑区で昨年6月、乗用車同士の衝突で看護師3人が巻き添えとなって死亡した事故で、自動車運転過失致死傷罪に問われた当時私立大1年だった少年(19)の初公判が18日、横浜地裁(小池勝雅裁判長)であった。少年は3人を死亡させたことなどは認め謝罪したが、「黄色信号を見たが、止まりきれないと思い交差点に進入した」と起訴内容を一部否認した。

少年は罪状認否で「3人を死亡させ、1人にけがをさせたのは間違いない。本当に申し訳ありません」と発言。一方で、信号を無視したとの起訴内容については「黄色信号を見たのは停止線の20~30メートル手前で、止まりきれないと思った」などと争う姿勢を示した。

検察側は冒頭陳述で「(少年は)197メートル手前から信号を視認でき、停止線の約43.6メートル手前で黄色信号を認めた。停止する注意義務があったのに、時速70キロのまま、すでに赤信号に変わっていた交差点に進入した」と指摘した。

事故では、現場近くにある昭和大学横浜市北部病院の看護師で、東京都品川区の岩山典子さん(当時49)、都筑区の加藤智子さん(当時43)、同区の生駒ひろみさん(当時31)が死亡した。

起訴状によると、少年は昨年6月1日夜、都筑区茅ケ崎中央の交差点で、赤色に変わった信号に従わずに交差点内に進入し、対向車線から右折してきた車と衝突。弾みで、歩道で信号待ちをしていた看護師3人をはねて死亡させたとされる。右折車を運転していた会社員も負傷した。

少年は昨年6月、横浜地検が横浜家裁に送致、同家裁が同年7月、検察官送致(逆送)し、同地検が起訴した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]