2018年7月19日(木)

ニートの割合、過去最高2.3% 子ども・若者白書

2013/6/18付
保存
共有
印刷
その他

 政府は18日の閣議で2013年版「子ども・若者白書」を決定した。15~34歳の若者を対象に12年の雇用状況を調べたところ、職に就かず学校にも行っていない「ニート」の数は63万人に達した。

 割合でみると11年比0.1ポイント増の2.3%で、統計を開始した1995年以降最も多かった。内閣府は「ニートの社会復帰を支援する事業を強化したい」としている。

 25~34歳の雇用者に占める非正規雇用の割合は26.5%と、11年に続いて過去最多だった。

 また地域での青少年育成について調査した結果、11年の少年の補導件数は約24万人と、00年に比べ3割減った。有志で少年の補導や相談活動に携わる少年補導委員の数も10年間で約2割減った。担い手不足や高齢化の進行が背景にあると分析している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報