/

死者・不明1万5200人超す 巨大地震、凍える被災者

(更新)

東日本巨大地震の死者・行方不明者は17日、1万5214人に達した。この日も雪が降るなど真冬並みの寒さが続き被災地は、食料や燃料の不足が深刻になっている。長期化の様相を見せる避難生活に、被災者の体力は限界に達しつつある。

警察庁によると、18日午前0時現在、死者は宮城県3158人、岩手県1905人、福島県574人など12都道県で5692人。家族らから届け出があった行方不明者は岩手県3853人、福島県3507人、宮城県2157人など6県で9522人。

避難所は、8県約2200カ所以上で、約38万6千人が滞在。17日夜は多くの場所で気温が氷点下まで下がり、被災者は凍える夜を過ごした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン