/

「みんなで暴行した」 広島の遺棄事件、友人ら6人逮捕

広島県呉市の山中に高等専修学校の元同級生(16)とみられる遺体を遺棄した疑いで無職少女(16)が逮捕された事件で、県警呉署捜査本部は17日、鳥取県湯梨浜町の瀬戸大平容疑者(21)、いずれも16歳の少年2人と少女3人の計6人を死体遺棄容疑で逮捕した。

捜査本部によると、5人の少年少女は「間違いない」と容疑を認め、うち数人は「みんなで暴行した」などと供述。瀬戸容疑者は「現場に行ったのは間違いないが、遺棄はしていない」と容疑を否認しているという。

6人は少女の友人とみられ、うち3人が自ら出頭したため、捜査本部が任意で事情聴取していた。6人の逮捕容疑は6月下旬、呉市の灰ケ峰山中で、元同級生とみられる女性の遺体を遺棄した疑い。

捜査関係者によると、無職少女は14日の逮捕後、「6月下旬に広島市中心部から元同級生と車で現場へ行き、殺害して遺体を遺棄した」と説明。一方で、遺体を運んだとみられる車を誰が運転したのかについては口を閉ざしていた。

また、少女は12日の自首前に無料通信アプリLINE(ライン)で「(私たち)逮捕されるね」と知人らにメッセージを送っていたことから、捜査本部は、第三者が関与した可能性が高いとみていた。少女は自首前にさらに「元同級生からLINEに悪口を書き込まれ、殺害した」と自分の母親に話していたことも判明している。

広島県警は13日、灰ケ峰山頂付近で遺体を発見した。両足に靴を履いておらず、司法解剖の結果、死後2~4週間経過。死因は不明という。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン