「しんちゃん」著作権侵害で中国企業に賠償命令 上海地裁

2012/4/18付
共有
保存
印刷
その他

 人気漫画「クレヨンしんちゃん」の著作権を所有する双葉社(東京)は17日、上海の中級人民法院(地裁)が中国企業に対し、双葉社の著作権を侵害したとして30万元(約380万円)の賠償金支払いを命じる判決を出したことを明らかにした。判決は3月23日。

 双葉社は「提訴から8年の長い道のりだったが、一定の成果を得た」とするコメントを17日、発表した。

 双葉社によると、中国企業は中国国内でデザインなどを無断で商標登録した。判決は(1)クレヨンしんちゃんのデザインは中国の著作権法で保護すべき芸術作品であること(2)商標登録と著作権は別で、中国企業が著作権を侵害したこと――を認めたという。

 双葉社の箕浦克史事業局次長は「まだ一審判決で確定はしていないが、中国における模倣品や海賊版などの問題は依然深刻であることを考えて公表した」と話している。

 双葉社は2004年、中国企業が勝手にクレヨンしんちゃんの関連商品を販売したとして、賠償を求めて提訴していた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:50
21:17
北陸 6:02
6:00
関西 16:16
12:27
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
21:04
20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報