2万件超の図面情報を入手した疑い 中国籍の元社員を再逮捕

2012/4/17付
保存
共有
印刷
その他

工作機械大手ヤマザキマザックの機密情報が不正に複製された事件で、中国籍の元同社社員、唐博容疑者(31)=不正競争防止法違反容疑で逮捕=が同社の図面情報2万件超を複製して不正取得した疑いが強まったとして、愛知県警は17日、同法違反容疑で唐容疑者を再逮捕した。

再逮捕容疑は昨年6月から今年3月、社用のパソコンから同社のサーバーにアクセスし、営業秘密の図面情報約2万3千件を取得して私物のハードディスク(HD)などに複製し、不正に取得した疑い。

県警によると、唐容疑者は「再逮捕容疑は間違っている」と否認している。図面情報は同社の2種類の工作機械のもので、うち約1万件は唐容疑者が会社に退職を申し出た今年3月12日以降にダウンロードされていた。

唐容疑者は不正が発覚した後、HDを初期化しており、県警は復元作業を続けている。唐容疑者が情報を中国に持ち出そうとした可能性もあるとみて、動機やほかに不正入手した情報の有無などを調べている。

唐容疑者は3月、図面情報2件を不正に入手した容疑で逮捕された。名古屋地検は17日、同容疑については処分保留とした。

ヤマザキマザックは同日までに唐容疑者を懲戒解雇にした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]