2019年1月23日(水)

芥川賞に鹿島田真希氏、直木賞は辻村深月氏

2012/7/17付
保存
共有
印刷
その他

第147回芥川賞直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は鹿島田真希氏(35)の「冥土めぐり」(「文芸」春号)、直木賞は辻村深月氏(32)の「鍵のない夢を見る」(文芸春秋刊)に決まった。8月中旬に都内で贈呈式を開く。受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

鹿島田真希氏=共同

鹿島田真希氏=共同

辻村深月氏=共同

辻村深月氏=共同

芥川賞の鹿島田氏は東京都生まれ。白百合女子大卒。2005年に「六〇〇〇度の愛」で三島由紀夫賞を受けた。

受賞作は脳の病気にかかった夫と暮らす妻の物語。母と弟からの抑圧に苦しむ主人公が、夫との小旅行を経て新しい生き方に踏み出す。選考委員の奥泉光氏は「(主人公の旅行先は)今はうらぶれたかつての高級ホテル。その変貌は日本経済の縮図といえる。個人史でありながら、日本社会そのものを映す広がりがある」と作品をたたえた。

鹿島田氏は「病気や貧困など実人生では理不尽と感じることが起きるが、それを超越した世界もあるということを書きたかった」と話した。

直木賞の辻村氏は山梨県生まれ。千葉大を卒業後、04年に作家デビューした。「ツナグ」(吉川英治文学新人賞)、「水底フェスタ」などの著書があり、「本日は大安なり」はドラマ化もされた。

受賞作は犯罪をテーマにした連作短編集。地方を舞台に、小さな事件に関わる普通の人々の内面を鋭い筆致で描いた。選考委員の桐野夏生氏は「報われない苦しみを感じている女性の今が書かれている。つい悪いことをしてしまう人間をうまく描くなど現実に肉薄している」と評した。

辻村氏は「(受賞によって)今後も書き続けるようにと背中を押してもらった」と喜んだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報