「雪ミク」路面電車が登場 札幌、3月末まで運行

2012/12/17付
保存
共有
印刷
その他

札幌市内を走行する「雪ミク」を車体に描いた路面電車(17日午後)=共同

札幌市内を走行する「雪ミク」を車体に描いた路面電車(17日午後)=共同

音声合成ソフトの人気キャラクター、初音ミクの冬バージョン「雪ミク」を車体に描いた路面電車の運行が17日、札幌市で始まった。3月末まで、すすきの―西4丁目間を走る。市などが企画し、ことしで3シーズン目。

車体は雪に映えるあずき色で、青い髪を結った白無垢(むく)姿のミクが笑顔を振りまいている。公募に基づくデザインで、扇子や和傘を取り込み、和風に仕上げた。車内の広告にもイラストを使い、アナウンスは、ソフトでミクの声役をした声優の藤田咲さんにお願いした。

ソフトを企画したクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)によると、雪ミクは近くフィギュアが販売され、来年のさっぽろ雪まつりでは雪像がつくられる。

乗客の札幌市豊平区、大学生、尾崎裕典さん(21)は「ミクが好きで友達と来た。札幌発のキャラクターをこれからも(市の企画に)生かしてほしい」と話した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]