セシウムほとんど検出せず 被災地など食事調査

2012/10/18付
保存
共有
印刷
その他

日本生活協同組合連合会は17日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島を含む18都県の計334世帯を対象に実施した食事調査で放射性セシウムはほとんど検出されなかったと発表した。

福島県の2世帯と宮城県の1世帯の食事からは1キログラム当たり1.1~3.2ベクレルが検出されたが、同じ食事を1年間食べ続けた場合の内部被ばく線量は最大でも0.047ミリシーベルトと推定され、「年間許容線量」とされる1ミリシーベルトを大きく下回った。

調査は今年5~9月に実施。参加した世帯数は福島100、宮城54、岩手20で、被災3県で全体の半数以上を占めた。各世帯に2日間の食事計6食と間食を1人分多く作ってもらい、分析した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]