2018年10月18日(木)

「天城越え」作詞 吉岡治氏死去

2010/5/17付
保存
共有
印刷
その他

共同

共同

「天城越え」「大阪しぐれ」などのヒット曲を手掛けた作詞家の吉岡治(よしおか・おさむ)氏が17日午後、東京都内の病院で死去した。76歳だった。連絡先は日本作詩家協会。告別式は25日午前11時から東京・築地本願寺。喪主は長男、天平氏。

山口県出身。作詞家のサトウハチローの門下生を経て放送作家になり、1965年、作詞家に転身した。美空ひばりさんの「真赤な太陽」、瀬川瑛子さんの「命くれない」、大川栄策さんの「さざんかの宿」、石川さゆりさんの「天城越え」、都はるみさんの「大阪しぐれ」など多くのヒット作を作詞した。

野坂昭如氏の原作に一部手を加えて子ども向けにした「おもちゃのチャチャチャ」で63年に日本レコード大賞童謡賞。童謡の「あわてんぼうのサンタクロース」や、アニメ番組のテーマ曲も手掛け、幅広く活躍した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報