/

小杉元文相の妻らを再逮捕 別の支援者から3000万円詐欺容疑

小杉隆・元文相(74)の妻らが架空の投資話で支援者から現金をだまし取ったとされる事件で、警視庁捜査2課は17日、別の支援者からも3千万円分の小切手をだまし取ったとして、元文相の妻の敬子被告(73)=詐欺罪で起訴=と、元私設秘書の新沼拓郎被告(63)=同=を詐欺容疑で再逮捕した。

同課によると、2人は「いずれ返すつもりだった」と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は2006年7月、小杉元文相の支援者で東京都江東区の会社社長の男性(45)に「派閥のパーティーの代金を小切手で払ったが資金不足で落とせない。近々入金があるので借りられないか」などとうそを言い、3千万円分の小切手をだまし取った疑い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン