/

福島第1原発、大雨で排水総量1130トンに

放射性物質は885万ベクレル

東京電力は17日、台風18号による大雨の影響で、福島第1原発の地上タンク群に設けた漏水防止用のせきから16日に排出した水の総量は約1130トンだったと発表した。排出した水に含まれていた、ベータ線を出す放射性物質の量は推定で約885万ベクレルに上る。

東電は16日、雨水がせきからあふれる恐れがあるとして、たまった水の放射性物質濃度が法定基準を下回る7カ所で、せきの弁を開けるなどして排水した。水は地面に染み込んだほか、一部は排水溝を通じて直接海に流れ出たとみられる。

東電は「検査した上で雨水と判断し、通常通りの運用をした。新たなタンクからの漏洩はない」との見解を示した。

東電は福島県や地元の漁業関係者らに事前に連絡し「理解してもらった」としている。福島県の担当者は「一方的に説明はあったが、県として了承した事実はない」としている。

排出したのは敷地西側にある「H9」や「E」、敷地南側の「G6」と呼ばれるエリアなどで、放射性物質濃度は、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質で1リットル当たり最大24ベクレルだった。ストロンチウム90の法定基準は30ベクレル。

東電は測定の誤差を考慮し、20ベクレルを超える水については仮設ポンプでくみ上げ地上タンクに移した。24ベクレルを検出した1カ所については移送先のタンク容量に余裕がないため排水した。

ほかのエリアでは、タンク1基から約300トンの汚染水漏洩があった「H4」エリアで17万ベクレル検出されるなど、法定基準を上回る場所が相次いだ。

漏水防止用のせきは、汚染水がタンクから漏れても外に流出しないようにするためのもので、高さ約30センチのコンクリート製。H4エリアでタンクから汚染水漏洩が見つかって以降は、通常は排水用の弁を閉じて、雨水がたまった際に開ける運用にしていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン