DVDコピー解除ソフト販売 容疑の出版社役員ら逮捕

2012/7/17付
保存
共有
印刷
その他

DVDのコピー制限を解除するソフトを販売したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は17日までに、出版社「三才ブックス」(東京)役員、海塚義昭容疑者(43)=千葉県松戸市=ら4人を不正競争防止法違反容疑で逮捕した。同課によると、海塚容疑者らは「違法と分かっていたが、会社の利益のために販売した」などと容疑を認めている。

海塚容疑者らは昨年12月、市販DVDのコピー制限を無効化するプログラムを組み込んだCD-ROMを付録とした雑誌を書店やインターネットで計約4千冊販売。同社は約5年前から類似のソフトを付けた雑誌を販売していたとみられる。

同社は昨年12月と今年1月、日本映像ソフト協会(東京)など3つの業界団体からこのソフトの販売行為が同法に違反すると警告を受けたが、雑誌販売を継続していた。

逮捕容疑は今年2~4月、埼玉県在住の団体職員の男性(38)ら2人にネット通販でコピー解除ソフト付きの雑誌を販売した疑い。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]