在宅酸素療法、火災に注意 たばこ引火が最多

2012/1/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 肺に障害があり自宅で酸素を吸入する治療をしている患者が、引火により死亡する事故が後を絶たない。装置メーカーの業界団体の調査では2003年以降、全国で36人が死亡している。今年の冬は寒さが厳しく、厚生労働省などは在宅酸素療法中に暖房器具などの火気を近づけないよう注意を呼びかけている。

 在宅酸素療法は、慢性呼吸不全や肺高血圧症などの患者が酸素濃縮装置や携帯用ボンベからチューブを通じて鼻から酸素を吸入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省火災厚労省在宅酸素療法

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報