警察施設からAED盗んだ疑い 警視庁、男2人逮捕

2011/8/17付
保存
共有
印刷
その他

警察施設から自動体外式除細動器(AED)を盗んだとして、警視庁城東署は17日までに、東京都墨田区八広4、無職、馬場法明容疑者(21)と、同区八広5、アルバイト、麻雅文容疑者(27)を窃盗容疑で逮捕した。

同署によると、盗まれたAEDは墨田区内のリサイクルショップに1万円で売却されていた。馬場容疑者は「麻容疑者から『売れば1、2万円になる』と誘われた」などと容疑を認めている。麻容疑者は否認している。

逮捕容疑は6月16日午後10時ごろ、江東区亀戸4の同署水神森地域安全センターに設置してあったAED1台を盗んだ疑い。

地域安全センターは廃止された交番に警察官のOBが勤務。同署によると、事件当時は無人だった。7月9日には墨田区内にある別のセンターからもAED1台が盗まれており、同署は関連を調べている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]