/

都議選ポスター剥がす、公選法違反容疑で男逮捕

東京都議選の選挙運動用ポスター1枚を剥がしたとして、警視庁捜査2課は17日までに、東京都豊島区の契約社員の男(25)を公職選挙法違反(自由妨害)容疑で現行犯逮捕した。今回の都議選で同法違反の逮捕者は初めて。男はすでに釈放された。

逮捕容疑は15日午前2時ごろ、豊島区千早1の路上で、公設ポスター掲示板に貼られた候補者ポスター1枚を剥がした疑い。男は「悪ふざけでやってしまった」と供述しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン