/

首都圏の駅ロッカー「封鎖」 米大統領来日控え

オバマ米大統領が23日に国賓として来日するのを前に、JR東日本や首都圏の私鉄各社は交通機関を狙ったテロへの警戒を強め、東京駅では17日、使用中止の貼り紙をしたコインロッカーを報道各社に公開した。

東京駅では来日前日の22日から、構内のコインロッカー4千個以上が全て使用中止に。貼り紙で、21日までに荷物を引き取るよう求めている。

JR東日本は19~25日の間、首都圏の主要駅で警戒態勢を強化。既に駅員や警備員による構内の巡回を増やしており、コインロッカーだけでなく一部のごみ箱も使えなくする。駅構内や車内の放送で不審者や不審物への注意を呼びかける。

ほかに、東京メトロや京浜急行、東武、東急も同様の態勢を取る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン