/

被災体育館に児童らお別れ 仙台市の荒浜小

東日本大震災の津波で被害を受けた仙台市若林区の市立荒浜小の体育館とプールが取り壊されるのを前に、17日、児童や卒業生、地域の住民ら約400人が集まり「お別れ会」を開いた。

会は校舎の教室で開かれ、廊下に人があふれた。川村孝男校長は「ここで学んだことを誇りに思い、未来に向かって歩んでほしい」とあいさつ。6年の児童が「思い出は心の中で生き続けます。ありがとう、さようなら」と感謝の言葉を述べた。

6年の佐藤晃太君(12)は「体育館で跳び箱の練習をして2年生の時に5段が跳べるようになった。思い出が詰まった場所がなくなるのは寂しい」と話した。

津波は4階建て校舎の2階部分にまで押し寄せ、児童や地域の住民は屋上へ避難、体育館は大破した。現在、市内の別の小学校に間借りして児童47人が授業を受けている。

仙台市は校舎を当面残し、避難施設や津波のすさまじさを伝える震災遺構とすることも検討している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン