2019年9月18日(水)

福島第1、冷温停止まで6~9カ月 東電が工程表

2011/4/17付
保存
共有
印刷
その他

東電の勝俣会長は復旧作業の工程表を発表した(17日午後、東京都千代田区)

東電の勝俣会長は復旧作業の工程表を発表した(17日午後、東京都千代田区)

東京電力は17日、放射性物質の漏洩が続き深刻な事態に陥っている福島第1原子力発電所の事故収束に向けた復旧作業の工程表を発表した。6~9カ月で原子炉を安全な「冷温停止状態」とし、原子炉建屋をカバーなどで遮蔽することを当面の目標と位置付けた。

東電は事故収束のための課題を(1)原子炉と使用済み燃料プールの冷却(2)放射性物質が含まれた汚染水のとじ込め・処理と大気・土壌中の放射性物質の抑制(3)避難指示区域などの放射線量の測定と低減――に分類。それぞれを3カ月程度での目標達成を目指す「ステップ1」と、それが終了した後に3~6カ月での解決を目指す「ステップ2」に区分けし、作業を進めることにした。

原発事故処理の工程表を発表する東電の勝俣恒久会長=左から2人目=(17日午後、東京都千代田区)

原発事故処理の工程表を発表する東電の勝俣恒久会長=左から2人目=(17日午後、東京都千代田区)

原子炉の冷却作業では、現在進めている原子炉への淡水注入や水素爆発防止のための窒素注入作業を継続し、最終的に冷温停止状態を目指す。同時に高濃度の汚染水の外部流出を抑えるなどして、半年以降で「避難区域などでの放射線量を十分に抑制する」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。