ベネッセ漏洩、派遣社員を逮捕へ 秘密複製の疑い

2014/7/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベネッセコーポレーションの顧客情報漏洩問題で、警視庁生活経済課は、データ管理委託先の外部業者で働いていた派遣社員の男を不正競争防止法違反(営業秘密の複製)の疑いで17日に逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

760万件の個人情報が流出した問題は、ベネッセの公表から1週間余りで刑事事件に発展することになった。

捜査関係者によると、男は昨年末から今年6月にかけて、ベネッセのグループ企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]