直木賞に姫野氏と朝井氏、芥川賞は小山田氏

2014/1/16付
保存
共有
印刷
その他

第150回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は小山田浩子氏(30)の「穴」(「新潮」9月号)、直木賞は姫野カオルコ氏(55)の「昭和の犬」(幻冬舎刊)と朝井まかて氏(54)の「恋歌(れんか)」(講談社刊)に決まった。2月中旬に都内で贈呈式を開き、受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

小山田氏は広島市生まれ。広島大卒業後、編集プロダ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]