/

震災がれきを田んぼに投棄 埼玉、容疑の4人逮捕

埼玉県警は16日、瓦などのがれきを田んぼに埋めて不法投棄したとして、さいたま市西区塚本町3の自営業、湊川繁信容疑者(40)ら4人を廃棄物処理法違反の疑いで逮捕した。県警によると、東日本大震災で被災した東京都や埼玉県の家屋のがれきもあった。

逮捕容疑は1月11日、同県坂戸市小沼の畑の所有者に農地改良すると持ち掛け、がれき約40トンを埋め立て投棄した疑い。

さいたま地検は16日、産廃処理業の許可が無いのにがれきを受け入れたとして、さいたま市桜区田島3の廃棄物処理業、清水正吾容疑者(65)を産業廃棄物処理法違反の罪で起訴した。清水被告は湊川容疑者らにがれきの処分を依頼していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン