/

イルカ、視覚も活用か 京大研究所が可能性指摘

水中で超音波を使い獲物や天敵を探すイルカが人間やチンパンジーなどの霊長類と同じように視覚にも頼って生活している可能性があることを、京都大霊長類研究所の友永雅己准教授らが突き止めた。仲間同士が近距離でじゃれ合う場合などに互いを見て判断していると考えられる。研究成果は英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に16日、掲載された。

名古屋市の名古屋港水族館にいる3頭のバンドウイルカに丸や四角といった9種類の図形を複数見せ、同じものを選ばせる実験をした。比較のために京大霊長類研が飼育する7頭のチンパンジーでも同じ実験をしたところ、イルカの正答率は84%で、チンパンジーの92%と大差がなかった。

イルカの視力は0.1以下と弱く、水中では超音波を発して天敵や障害物の位置を確かめている。これまでは視覚にほとんど頼らずに暮らしていると考えられていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン