2018年1月19日(金)

阪大、角膜治療でiPS臨床研究 3~4年後目指す

2013/5/16付
保存
共有
印刷
その他

 大阪大の研究チームは、角膜損傷の患者を対象に、様々な細胞に成長できるiPS細胞を使った再生医療の臨床研究を3~4年後を目標に始める。患者の血液をもとに作ったiPS細胞から角膜シートを作製し、損傷部に移植する。ドナー不足が深刻な角膜移植に代わる新たな治療技術として実用化を目指す。

 臨床研究計画は日本眼科学会と日本眼科医会が16日に東京都内で開いた記者会見で西田幸二大阪大教授が明らかにした。

 臨床研究では、採取しやすい患者自身の血液からiPS細胞を作る。角膜の上皮細胞と内皮細胞に育ててシート状にして角膜の損傷部に貼り、がんができずに視力が回復するかを確認する。

 角膜に炎症が起きたり、薬剤で傷ついたりすると視力障害が起きる。治療には死亡した人からの角膜移植が必要だが、ドナー数は不足気味で、国内の待機患者数は約2600人とされる。

 iPS細胞を使った臨床研究は、理化学研究所などが目の難病「加齢黄斑変性」で計画中。厚生労働省の審査が通れば今年秋にも始まる見通し。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

西田幸二大阪大角膜治療



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報