/

救急車の出動、0.5%増 09年、新型インフル影響

2009年に全国で救急車が出動した件数は、新型インフルエンザ流行などの影響で、08年に比べ0.5%増の512万2247件だったことが17日までの総務省消防庁の集計(速報値)で分かった。搬送人数は0.1%増の468万1815人。

新型インフルエンザに感染した疑いのある患者を搬送するための出動は1万6728件、搬送人数は1万7352人だった。

都道府県別では、青森、兵庫など22都道府県で出動数が増加、山形、長野などで減った。

出動数の増加要因として新型インフルエンザのほか「高齢の傷病者の増加」などを挙げた消防本部が多く、減少の理由は「救急車の適正利用に関する市民への広報活動」が多かった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン