2019年2月23日(土)

大震災の津波、最高遡上高43.3メートルに 宮城県沖の無人島で

2012/3/16付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災で陸地を駆け上がった津波の高さ(遡上高)は最高で43.3メートルに達していたとの調査結果を東京大学地震研究所の都司嘉宣准教授が16日、明らかにした。宮城県の沖合14キロメートルにある無人島、笠貝島(同県女川町)の写真を分析して分かった。海中に孤立した小島では津波の高さが増す傾向があるという。

松などの樹木の枝の折れ具合や草の枯れ方などから津波の遡上高を算出した。東日本大震災による津波の遡上高は従来、岩手県宮古市の姉吉地区で記録された40.4メートルが最高とされていた。「写真分析では1メートル程度の誤差が生じ得るが、姉吉地区での遡上高を上回るのは確実」(都司准教授)という。

笠貝島の対岸に位置する女川町では、津波の遡上高は20メートル程度だった。津波が笠貝島周辺の浅瀬に近づくにつれて島の方向に向きを変え、集中したために高さが増したとみている。笠貝島は高い所で標高60メートル程度。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報