九電「浄化ポンプ主軸が折損」 玄海原発冷却水漏れ

2011/12/16付
保存
共有
印刷
その他

定期検査中の玄海原子力発電所3号機(佐賀県玄海町、出力118万キロワット)の浄化用ポンプから放射性物質を含む1次冷却水が漏れたトラブルで、九州電力は16日、ポンプの主軸が折れ、水漏れを防ぐリング状のシールも損傷していたと発表した。折損により回転する主軸の動きがぶれシール部分が損傷、シールから冷却水が漏れた可能性が考えられるという。

浄化した冷却水を原子炉に戻す充填ポンプを九電が分解したところ、長さ2.5メートル、外径80ミリメートルのポンプの主軸が真っ二つに折れていた。主軸を覆う超硬合金製の水漏れ防止シールも損傷が見つかった。

九電によると、折れた主軸は回転が不安定となり、シールに損傷を与え、そこからポンプ内を流れる冷却水1.8トンが漏れたと推測されるという。

水漏れしたポンプは3年前の定期検査では異常はなかったという。九電は「原因の特定には至っていない」としており、さらに調査を進める。遅れている玄海3号機のストレステスト(耐性調査)の提出は原因究明後になる見通し。

9日のトラブル発覚後、九電は汚染水漏れを公表せず佐賀県など地元自治体の批判を招いた。この問題について16日会見した原子力発電本部の豊嶋直幸部長は、「(地元の人に)安心してもらえるような情報の出し方を検討していきたい」と述べた。

佐賀県は16日、同県庁で牟田香副知事が九電の山元春義副社長に文書を手渡し、「県民目線に立ち、情報公開を徹底してほしい」などと申し入れた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]