新東名の交通量5万8千台 初の日曜、東名を上回る

2012/4/16付
共有
保存
印刷
その他

駿河湾沼津SAに入るため列を作る車両(14日、静岡県沼津市)
画像の拡大

駿河湾沼津SAに入るため列を作る車両(14日、静岡県沼津市)

 中日本高速道路は16日、静岡県区間が開通した「新東名高速道路」が初めて迎えた日曜日となる15日の交通量(速報値)を発表した。新静岡インターチェンジ(IC)―静岡サービスエリア(SA)上下線の通行車数は5万8000台で、並行する東名高速(静岡IC―焼津IC)を7000台上回った。

 新東名、東名を合わせた交通量は計10万9000台で、前年4月の日曜日に比べて43%増。“開通効果”で多くの利用客がドライブやSAを楽しみに訪れたとみられる。

 15日の新東名、東名の5キロ以上の渋滞は、下りの新清水ジャンクションを先頭に最長5.3キロで発生しただけ。中日本高速は「交通量が増えたことも考えると渋滞緩和に効果が出ている」とみている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

中日本高速道路静岡IC交通量東名高速

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 22:15
20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 18:17
16:16
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
19:43
12:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報