2019年1月24日(木)

「とめはねっ!」モデル 大分高が書道展に不正出品

2010/8/16付
保存
共有
印刷
その他

大分市の私立大分高は16日、今年と昨年の全日本高校・大学生書道展(日本書芸院など主催)に出品する際、「篆刻(てんこく)」の同じ印影を複数の作品で使ったり、出品していない生徒の名前を使ったりするなどの不正が多数見つかったことを明らかにした。主催者は、同校が今年出品した2487作品をすべて失格とした。

大分高は同書道展の団体賞で9回最優秀校に選ばれ、人気漫画「とめはねっ!鈴里高校書道部」に登場する名門校「豊後高校」のモデルとしても知られている。

同校によると、書道部顧問の男性教諭(51)が「自分の判断で、勝ちたい一心で不正をやった」と話しており、停職3カ月の処分にする方針。

同校の説明では、石に文字を彫った印章を半紙に押して印影を競う篆刻部門で今年、すべて作者が違う247作品を出品したが、同じ印影を使ったものが複数あった。漢字(出品数940作品)、かな(同683作品)、調和体(同617作品)の各部門でも、書道部員らの試作品に別の生徒の名前を書いて出品していた。

実際に出品した書道部員や一般生徒は計273人。団体賞は出品数に応じてポイントが加算される仕組みで、各部門への出品は1人1作品に制限されており、かなりの数が不正出品とみられる。

昨年の篆刻部門では団体賞の最優秀校となったが、241人の出品者名簿に卒業生8人や実在しない生徒25人の名前があることも判明し、同校は主催者に最優秀校の盾を自主返納した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報