/

三陸鉄道が一部で再開 22日までは無料で運行

岩手県沿岸部を走る三陸鉄道は16日、地震発生以降、運休していた北リアス線(宮古―久慈)のうち陸中野田―久慈の3駅間で運転を再開した。当面1日3往復で、復興支援として片道380円の運賃を22日まで無料にする。23日からは通常運賃。

1両編成の車両はヘッドマークに「がんばろう! さんりく」と書かれた紙が取り付けられ、時折雪が舞う中を上限時速25キロで走行。陸中野田に到着した運転士の橋上武司さんは、松林が津波になぎ倒された車窓を見て「景色のいい所だったのに…」と言葉を失った。

久慈市まで行き陸中野田に戻った熊谷博さん(57)の両手には、ぱんぱんに膨らんだ買い物袋。インスタントラーメンなど数日分の食料を調達したといい「車のガソリンがなく、どうなるかと思った。助かった」と顔をほころばせた。

宮古―陸中野田間と、同様に運休している南リアス線(盛―釜石)は復旧のめどが立っていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン