/

田中真紀子氏「原点から見直す」 比例復活もならず

(更新)
落選が確定し、「私の努力不足だった」と支持者を前に語る田中真紀子氏

落選が確定し、「私の努力不足だった」と支持者を前に語る田中真紀子氏

文部科学相の民主前職、田中真紀子氏(68)=新潟5区=も落選。1993年の初当選から6回の当選を重ねたが、支持者の高齢化もあり、父の故角栄元首相以来の地盤を崩された。

16日夜、新潟県長岡市内のホテルに集まった約150人の支持者を前に「政治とは何か、生活者が何を求めているのか、原点から見直したい」と穏やかな声で話し、「有権者ニーズを吸い上げることができなかった」と敗因を分析した。

「政治活動をやめるつもりはないし、選挙区を替える考えもない」。悲壮感はなく、支持者一人ひとりと握手をして、会場を後にした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン