/

西野弘一氏「初心忘れず政治活動」 維新、第3党にらむ躍進

日本維新の会は関西地方の小選挙区や比例で支持を広げ、自民、民主両党に次ぐ第3党をにらむ躍進ぶり。

大阪13区では、新人の西野弘一氏(43)が早々に当選を決め、大阪府東大阪市の事務所であいさつ。「約3年前に大阪維新の会を立ち上げたときの志を忘れずに政治活動をしていく」と強調した。

西野氏の父親で自民前職の陽氏(72)が衆院解散後に突然引退を表明。地盤を譲り受けた西野氏が維新から立候補した。自民は吹田市議だった神谷宗幣氏(35)を擁立したが、及ばなかった。

開票前から届けられた祝いの花が並ぶなか、西野氏は「府議として大阪で改革を進めてきた成果を認めてもらったことと、大阪維新の改革を日本維新につなげてほしいという有権者の思いがあったことが勝因だ」と分析した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン