人間国宝に柳家小三治さんら7人 文化審が答申

2014/7/18付
共有
保存
印刷
その他

「なんだかわけがわからない」。人間国宝に内定した柳家小三治さん

「なんだかわけがわからない」。人間国宝に内定した柳家小三治さん

 文化審議会(宮田亮平会長)は18日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に古典落語の柳家小三治さん(74)=本名・郡山剛蔵、東京都新宿区、色絵磁器の十四代今泉今右衛門さん(51)=佐賀県有田町=ら7人を認定するよう下村博文文部科学相に答申した。

 政府は、9月にも答申通り告示する。存命中の人間国宝は116人となり、今泉さんはそのうち最年少。古典落語からの人間国宝は、故五代目柳家小さん、桂米朝(88)両氏に続いて柳家小三治さんが3人目となる。

 このほかに認定されたのは、能囃子方太鼓の三島元太郎さん(78)=大阪府吹田市、刀剣研磨の本阿弥光洲さん(75)=本名・本阿弥道弘、東京都大田区、能シテ方の梅若玄祥さん(66)=本名・梅若善政、東京都中野区、彫金の山本晃さん(70)=山口県光市、木工芸の須田賢司さん(60)=群馬県甘楽町。

 このほか文化審議会は、浄瑠璃の「清元節」を新たに重要無形文化財に指定、清元節保存会を保持者団体とし、構成員21人を認定するよう求めた。また既に認定された重要無形文化財の保持者団体構成員として、宮内庁式部職楽部の1人、人形浄瑠璃文楽座の4人、日本能楽会の62人を追加認定するよう答申した。

 人間国宝に認定される7人の略歴と業績は次の通り。(敬称略)

 【能囃子方太鼓】

 三島元太郎(みしま・げんたろう)幼少から父の指導を受け、高校卒業後、人間国宝の二十二世金春惣右衛門に入門し54年に初舞台。卓越した技量で関東、関西の能楽を支えた。国立劇場伝統芸能伝承者養成事業の研修講師として後進の指導に尽力した。大阪府吹田市在住。78歳。

 【色絵磁器】

 十四代今泉今右衛門(いまいずみ・いまえもん)人間国宝の十三代今泉今右衛門の次男。京都の陶芸作家に師事後、家業に従事、色鍋島を中心に技術を習得した。伝統技法と、上絵付にプラチナを施す現代感覚が評価され、日本伝統工芸展などで受賞。佐賀県有田町在住。51歳。

 【刀剣研磨】

 本阿弥光洲(ほんあみ・こうしゅう、本名・本阿弥道弘)人間国宝の本阿弥日洲の三男。室町時代からの家伝の技法を父から体得、国宝や重要文化財に指定された多くの刀剣の研磨を手掛けた。10年から日本刀文化振興協会理事長。東京都大田区在住。75歳。

 【能シテ方】

 梅若玄祥(うめわか・げんしょう、本名・梅若善政)父の五十五世梅若六郎らに師事。観世流内でも特に流麗繊細といわれる梅若派の芸風や型を体現し、日本芸術院賞や読売演劇大賞優秀男優賞などを受賞した。海外公演にも取り組む。東京都中野区在住。66歳。

 【古典落語】

 柳家小三治(やなぎや・こさんじ、本名・郡山剛蔵)高校卒業後、人間国宝の五代目柳家小さんに入門。69年に真打ちに昇進し十代目柳家小三治を襲名した。ひょうひょうとした語り口でおかしみを醸し出す話芸が評価され、04年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。今年6月まで4年間、落語協会会長を務めた。東京都新宿区在住。74歳。

 【彫金】

 山本晃(やまもと・あきら)東京デザイナー学院卒業後、ほぼ独学で彫金技法を学んだ。文様に合わせ金属を切り、異なる色彩の金属板をはめ込む「切嵌象嵌(きりばめぞうがん)」などの技法が評価され、日本伝統工芸展や伝統工芸日本金工展で数多く受賞した。山口県光市在住。70歳。

 【木工芸】

 須田賢司(すだ・けんじ)父須田桑翠に師事し、木工芸を習得。くぎを使わず板を接合して家具や箱をつくる指物技法が特色で、国産材に加えフランス産のカエデなど洋材を取り入れた小箪笥(こだんす)をはじめとする作品が評価された。日本伝統工芸展などで受賞多数。群馬県甘楽町在住。60歳。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 16:15
16:00
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報