/

福島地検の検事正、事実上の更迭 震災で容疑者釈放

法務省

法務省は16日付で福島地検の中村明検事正を交代させる人事を発令した。中村氏は最高検検事となり、後任には鹿児島地検検事正だった飯倉立也氏が就いた。

福島地検は東日本大震災後に「捜査の遂行が困難になった」として強制わいせつ容疑で逮捕された男を含む31人の容疑者を処分保留で釈放。治安維持の観点から問題視する声が出ていた。

法務省は一連の問題について「(釈放に)違法性はなかったが、高検、最高検や警察との調整が不十分だった」と説明しており、事実上の更迭とみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン