/

深海エビから新酵素発見 バイオ燃料新原料に期待

海洋機構 おがくずや紙、室温で糖分に分解

太平洋のマリアナ海溝の水深約1万900メートルに生息するエビの体内から、おがくずや紙などを高効率で分解する酵素を発見したと、海洋研究開発機構のチームが16日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

水深約1万メートルから採取したカイコウオオソコエビ(海洋研究開発機構提供)=共同

この酵素を利用すれば、枯れ木や古紙などから、次世代燃料に期待されるバイオエタノールの原料を生産できる可能性があるという。

チームは2009年、同海溝の世界最深部に多数生息する「カイコウオオソコエビ」を採取。食性を調べようと消化酵素を解析し、植物を分解する4種の酵素を検出した。エビは沈殿した植物片を食べ、栄養を取っているらしい。

うち1種は、木質成分のセルロースを分解し、エタノールの原料の糖分に変える未知の酵素だった。チームが、この酵素をおがくずや紙と反応させたところ、室温で糖分に分解することを確認した。

バイオエタノールは、主にトウモロコシなどから作られ、食料を圧迫すると問題視されている。木材に含まれるセルロースは、食料と競合しない原料として期待されているが、分解が難しい。

同機構の小林英城主任研究員は「酵素を作る遺伝子を調べ、大量生産するための研究を進めたい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン