2019年1月17日(木)

桂三枝さん、六代目「文枝」襲名 大阪で披露公演
東西の名人祝福

2012/7/16付
保存
共有
印刷
その他

落語家の桂三枝さん(69)が16日、上方落語の大名跡「桂文枝」の六代目を襲名し、なんばグランド花月(大阪市中央区)で襲名披露公演がスタートした。

襲名披露公演を開いた六代目桂文枝さん(16日、大阪市)

襲名披露公演を開いた六代目桂文枝さん(16日、大阪市)

文枝さんは「皆さんに育てていただいた三枝を胸に、今日から文枝としてやっていきます」と決意を語り、満員の客席から大きな拍手が沸き起こった。襲名披露公演は来年にかけて全国各地で開く予定だ。

この日は桂春団治さんや笑福亭仁鶴さんのほか、江戸落語の三遊亭円歌さんや桂歌丸さんら東西の名人が勢ぞろい。「口上」で歌丸さんは「(文枝さん作の)創作落語は東京でも盛んに演じられる。大名跡を継いで、ますます磨きをかけてほしい」と祝福した。

トリで高座に上がった文枝さんは228作目となる新作の創作落語「さよならサニー」を初披露。愛犬との別れを描いた人情噺(にんじょうばなし)で、三枝の名に別れを告げる意味を込めたという。

文枝は「桂」の亭号を名乗る落語家の最高位の名跡とされ、2005年に新・文枝の師匠だった五代目文枝が死去してから7年ぶりの復活となる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報