/

ケニアで日本人男性死亡 強盗が射殺と報道

【ヨハネスブルク=共同】東洋建設(東京)に16日までに入った連絡によると、ケニア・モンバサ港の工事に従事していた同社協力会社の日本人男性が死亡した。事件に巻き込まれたとみられ、東洋建設などが確認を急いでいる。

新華社電によると、死亡したのはオガワ・サトルさん。東洋建設は男性が小川悟さん(51)とみている。業務中、現地時間15日午前11時ごろに発生した事件に巻き込まれ、死亡したという。

新華社は、ケニア警察当局者の話として、工事現場のすぐ近くで強盗団に射殺されたと伝えた。

東洋建設は、モンバサ港でコンテナターミナル建設を進めている。同社は「現地では深夜に入り、情報確認が進んでいない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン