バリ島事故の不明女性か 遺体、ジャワ島沖で発見

2014/3/16付
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=共同】インドネシア・ジャワ島スラバヤの日本総領事館は16日、ジャワ島東部沖の小島近くで、ダイビングスーツを着た遺体が発見されたと明らかにした。警察に確認した情報という。性別や国籍などは確認されていない。

ジャワ島東方のバリ島沖では2月、スキューバダイビング中の日本人女性7人が行方不明になり、バリ島在住の高橋祥子さんが依然不明のままになっている。総領事館は高橋さんの可能性があるとみて、遺体の身元確認を進めている。

総領事館が警察から受けた説明によると、遺体は、東ジャワ州マラン沖にあるスンプ島西部の海岸近くで15日、海面に浮いているのを地元住民が発見した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]