/

東北新幹線「はやぶさ」、 本革シートにゆったり 試乗会

(更新)

JR東日本は16日、3月5日に東北新幹線に登場する新型車両E5系「はやぶさ」の報道関係者向け試乗会を開き、仙台―新青森間を走行した。仙台駅を発車後すぐに時速300キロメートルに到達した。

新型車両は鮮やかなエメラルドグリーンの車体に15メートルに及ぶ長い先頭部と、グリーン車より上級の「グランクラス」が特徴。専任の乗務員が接客にあたる同クラスは1両に18席だけのゆったりとした配置で、本革使用の座席は最大45度まで背もたれを倒せる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン